再生医療支援機構

再生医療とは

さまざまな臓器、組織が欠損状態や機能障害や機能不全に陥った場合に、失われた機能を再生するために、細胞や組織を移植することが必要となります。 臓器や組織機能を再建する医療技術を総合して「再生医療」と呼んでおります。骨髄や臍帯血の中にごく僅かに存在する幹細胞を補充しようという試みなどが盛んにされております。
組織を移植する技術も広い意味では再生医療に入ります。組織工学と呼ばれる技術分野とも関連します。

21世紀は再生医療の時代

組織再生医療
組織や臓器が傷害された場合に、残存する細胞の中で分裂能力を有した特殊な細胞(幹細胞など)が増殖して、傷害またはそれにより欠損した部分を修復し、元の状態へと回復する現象を「再生」といいます。
現在、各種臓器の発生過程を幹細胞を用いて再現させることにより、組織や臓器の再生を目指す「再生医療」が注目されています。細胞を医療用途で用いる際の、安全性や製造に関するガイドラインも整備が進められ、21世紀の新しい医療と呼ばれるにふさわしい進歩を遂げています。
移植医療では、移植後の拒絶反応などのリスクを可能な限り排除する方法が、現在求められています。可能な限り少量の細胞採取により、最大限に機能回復をもたらす細胞群を培養し、さらに、移植後のリスクも軽減するといった様々な条件を満たす組織の再生が現在進められてきています。

先端医療財団HP『再生医療とは』
http://www.lifescience-mext.jp/trc/cont/00_www/basics/i-01.htmlより

このページの先頭へ